接客業には避けられない!クレーマー対策

いつの時代にもクレーマーが存在します。
特に、接客業の人は深刻です。
そのお客様と直接接していない場合も含めて、お客様のクレームをまともに受けることが少なくないからです。
クレームの原因はそれぞれ。
そのなかには、お客様との意思疎通ができていないことも考えられますよね。
美容院の仕事でも起こり得る話です。
お客様の施術に取り掛かる前には、事前にカウンセリングを行います。
しかし、お互いの考え方が異なるため、出来上がりに不満を抱くことにもつながります。
たとえば、カットのときは「何センチ切ってください」など、お客様から要望があるとわかりやすいです。
ただし、髪をすく場合はイメージしにくくなります。
また、先ほどのカットの場合、長すぎる場合は改めて切ることができますよね。
しかし、その逆パターンには対応できないため「悲惨」というしかありません。
美容院にとって大きな打撃なのは、お店の評判が下がること。
口コミサイトなどに書き込まれることは、なんとしても避けたいところです。
そうならないためにも、なんらかの施術をするときは、お客様とのコミュニケーションをしっかり行いましょう。